2020年4月アーカイブ

2020年4月30日

令和1年間

200430.jpg

今日で、令和になって1年経過しました。

前半は異常気象で、後半はウィルス感染で終わった1年でした。

また新しい1年、良い年になりますように、

まずは、日常を取り戻そう。

2020年4月29日

ステイホーム

200429.jpg

今日から、連休という方も多いと思います。

今日の休み、どこも出ず家で過ごすことができました。

何をしたかというと、お風呂掃除。

お風呂掃除と言っても、4畳ぐらいの縦長の浴室なので、

通常のお風呂より、少し大変・・・

カビキラーをまいて、年末ぶりの大掃除。

幸い、今日は暖かかったので、よかった。

明日は、しごと・・・です。

2020年4月28日

9月始業

200428.jpg

コロナ感染拡大で学校の休校が続く中、

9月の入学、始業の案を示した件について、

僕は、賛成です。

まず、現状で考えれば、ベストな方法だと思うし、

世界的に見れば、9月の入学、新学期を採用する国は多い。

これは、学校だけの問題ではなくなる。

卒業しても、進学や就職まで時間が空く可能性もあるとか、

拙速にならず、現場の意見を踏まえて決めてほしいとか、

現実的では無いという意見が多いですが、

全て組み替えれば済むと思います。

何に抵抗があるのか知りませんが、

受験も寒い時期にせず、季節の良い時期にできるし、

悪いことより、良いことの方が多いのではないかと思う。

まして、現時点で、コロナの様子を見ながら、

学年ごとの時差登校などで、再開への道を探るべきだと言う人もいますが、

そちらの方が、無計画のような気がします。

変わる良い時期、転換期だと思います。

検討すらするなというのは、思考停止でしかない。

古い考え、今までの当たり前を、変えていく時期だと思います。

2020年4月27日

時間と気持ちは使いよう

200426.jpg

コロナ騒ぎで、できるだけ事務所にいます。

SHOPのデザインを考えているのですが、

忙しい時は、時間が無い中、もう少し時間があれば・・・

と、時間のせいにしていましたが、

今は、考える時間があるので、

時間があり過ぎると、返って良い案がでない・・・

と、また時間のせい。

結局は、自分勝手な言い訳みたいなものです。

無いもの強請りというか・・・・

いずれにしても、時間は大切に使わなければ、

罰があたります・・・・

2020年4月26日

歓迎すべき状況

093[1].jpg

アメリカで歓迎される状況が生まれています。

それは、動物の保護・譲渡を行っている動物愛護施設です。

外出禁止令で家から出られない人たちが大挙して、

保護施設から、動物たちを引き取ったり、

里親になったりしているという。

どこの保護施設からも、同じ報告がされていて、

多くの命が救われるのは、本当に素晴らしいと思います。

動物にとっても、良い事ですが、

その動物によって、孤独感やストレスを和らげる必要とする人間の方が、

受ける恩恵が大きいかもしれない。

お互い、生かされているという事を考える、良い機会だったかもしれない。

2020年4月25日

当たり前の日々

200425.jpg

この三ヶ月で、予期せぬ事が続けておきています。

いつ、終息するのか見当がつかない日々。

街からは、人や車が消えています。

今や、マスクをした顔しか見ない現状・・・

当たり前に暮らしていた日々が、どれだけ幸せだったか。

その中で、不平不満を言っていた事が、どれだけ間違いだったか。

ここ数ヶ月で思い知らされました。

いつか、あの日常を取り戻そう!

2020年4月24日

中継

岡江久美子さんの遺骨が家に帰ったらしい。

それが、テレビで中継されたらしいです。

何でも放送するメディア、

放映するべきものと、言葉だけのもの、

この違いを分けるのも、メディアの常識ではないでしょうか。

岡江さんのご冥福を心からお祈りいたします。

2020年4月23日

12日間休暇

200423.jpg

かってなかっただろう、12日間休暇。

25日から来月の6日までの間です。

予想はしていましたが、おぞましいぐらいの日数ですね。

社会人は、学生以来の長期休暇になるでしょう。

約半月にあたる休み、経済悪化には歯止めがききません。

これで、どこやらの海岸など行かなけれいいのですが・・・

行くなと言うのであれば、自粛とか生ぬるい事を言わなければいいのに。

自粛という言葉だけでの、ここまでの成果は、

日本人ならではだと思いますが・・・

2020年4月22日

ガラスの壁

e0342860_21031902[1][1].jpg

先月、あるショールームのお披露目に行ってきました。

そこで驚いたのが、このガラスの壁、

ここだけの仕様であれば、施工されている面積だけでも、

何千万というものになるでしょう。

多分、全国のショールームを同じ仕様に計画する事により、

生産コストを下げたものだと思います。

やはり、ガラスの壁というものは、綺麗なものです。

いつか、コストを気にせずに使うことができれば・・・と、

ガラス壁を、見惚れながら思ったことです。

2020年4月21日

やっちゃった・・・感

200421.jpg

湯埼知事は、国が全国民に給付する10万円について、

県職員分を、活用するとの考えを表明しました。

必要な財源が、圧倒的に足りないらしいが、

それは、どこの県も同じでしょう。

10万円を活用することで、

聖域なく検討したいとの考えらしいですが、

この給付の趣旨は、行政に使うのではなく、

市中にお金を流すことと、家計支出を支えることなので・・・

やっちゃいましたかなぁー?

どうせならば、県会議員の給料の大減額の方が良かったような・・・

加えて、広島県内の市会議員なども全て合わせば、

少しぐらい足しにはなると思うのですが。

職員にも、生活はあるので・・・・

あちらこちらで、批判はあるようですが、

と言っても、もうひとつの考えがもあります。

県職員は公務員、一番固いというか、

安全圏にいるのは公務員だという考え方。

しかし、どうなんでしょう?

ここは、違うような気がします。

県職員となりますと、県立病院の医療従事者や、

保健所の方々も対象だと思うので、

そこの人から、没収というのは、

あまりにも、やっちゃった感ですかね・・・・

2020年4月20日

祇園祭中止

076[1].jpg

祇園祭の、山鉾巡行と神輿渡御を中止する発表がありました。

中止だろうと思ってはいましたが、決まれば毎年行っていたので残念です。

応仁の乱や、第二次世界大戦でも中止となったケースもあり、

山鉾巡行の中止は、阪急電鉄の工事による昭和37年以来58年ぶりらしいです。

もともと祇園祭は、平安時代に全国に疫病が蔓延し、

当時の国の数と同じ66本の矛を立てて、

祇園社(八坂神社)から、神輿を神泉苑に送り、

疫病退散を祈願した、祇園御霊会が始まりとされています。

今年も、コロナウィルスという疫病が蔓延しています。

だからこそ、実施してほしかったのですが、

7月の1カ月にわたり、さまざまな神事が執り行われ、

ましては、市内中心部が歩行者天国となる宵山など、

大勢の観光客が集まり、山鉾に乗り込む人らも密集・密接になることから、

感染拡大が懸念され、従来通りの実施は当然、困難な事でしょう。

しかし神事としての肝の部分は、行われるという事なので、

このコロナという疫病の、沈静化を祈りましょう。

2020年4月19日

己忘他利

200419[1].jpg

今日、事務所の扉に、ビニール袋が掛かっていました。

何かと思い開けたら、中には消毒液。

知人が、わざわざ届けてくれたのでした。

現状、消毒液など手に入りません。

少しでも余分があれば、長期戦を踏まえて、

自分で、備蓄するという考えになるのが普通。

頂いて嬉しかったし、心が温まった感じがしました。

己を忘れて、他を利する。

日頃、頭に入れているつもりでも、

いざという時に、自分もこの行動ができるか。

大切なことを、教えていただきました。

有難うございました。

2020年4月18日

回復の方法

毎日、毎日、感染者の人数を報道していますが、

回復者も、毎日確実にいるという事を報道した方がいい。

感染者数9795人に対して、

死亡者数は、154人、

回復者は、1069人います。

政府は、どうして回復したのか、

その経緯をよく調べ、感染しても回復するという事実を、

もう少し、詳しく解明した方がいいと思います。

感染は、防がなければいけないのは理解しますが、

感染したら終わりでは無い。

回復すれば、感染を怖れることは無くなる。

どうせ、この1年はつきあわなければいけない、

いやいや、2年、3年に、それ以上になるかもしれない。

ここで、完全にという考えは、もはや方向転換をして方が賢明だと思います。

2020年4月17日

遠隔セッション

iC9x34nn[1][1].jpg

Bzの稲葉さんと、スティーヴィー・サラスがタッグを組んだ、

INABA / SALAS によるセッション動画が、

B'zのオフィシャルInstagamに、投稿されました。

INABA/SALASは、本来であれば4月27日から、

全国ツアーを、開催予定でしたが、

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ツアーは延期に。

このため、稲葉さんと来日が叶わなかったサラスが、

新曲「IRODORI」のセッションを、お互いの自宅から行った。

稲葉さんは、本来の歌詞である「大事な家さえもなくしてしまう」の部分を、

「自分の家だけが唯一の居場所」に、変えて歌っています。

いろんなミュージシャンが、こんな状態の中、

自分たちのできる方法で、発信しています。

僕達も、できる事をできる範囲で、

乗り越えていかなければいけないと思います。

2020年4月16日

えーかげんにせい!

今しがた、衆議院の会議で、

全国に、緊急事態宣言を発表するという会議を、

狭い部屋に、何十人も集まって言い合いをしていました。

完全に3密の会議ですよ、

内容も、また中身が無い・・・

なんで、ここに総理はいないのか・・とか、

なんで、全国に緊急事態宣言を出すのか・・とか

この会議、なんの意味があるん?

何ひとつ決められず、まだこんな事をやっているのか・・・と、

ほどほどに、呆れて情けなくなります。

それも、質問と答弁は、この場に及んでまだ読んでいます。

もはや、ここまで広がったのは、政府の能無しの人災です。

日本は、コロナという感染症より、

能無しという政府によって、感染が広がっています。

まともなのは、地方の知事や市長たちだけです。

独自で、政策を打ち出して動いています。

国は、まだ10万給付さえ、調整中・・・・?

しかし、マスク配布という意味の無い決断だけは早かったですね、

どうせ、郵政関係の大臣が動いたんでしょうが・・・

昨日も、感染者の未来予想図みたいな人数を発表していましたが、

ここで、それを数える意味があるのか?

何もしないでいたらこの人数・・・とか言っていましたが、

今は、何もしていないのか? あほかこの教授は!

8割減にしたいのであれば、その保証をすればすむだけの事です。

すべての企業に補償金を出す、そこから従業員に出す、

簡単な事です、それであれば満員電車に乗って会社に行く人はいなくなります。

自分たちの政策無しで、結果だけを国民に要請しないでくだされ!!

2020年4月15日

イヤーブック

82339-1[1][1].jpg

カープファンにとって、

野球が無いという事も、

かなりのショックでもあります。

負けても、勝っても、あーだこーだと言える幸せ・・・

今年のカープイヤーブックの,表紙はよくできています。

登場選手は、誠也とジョンソン、

誠也は、成金の王様みたいですが、

見事なのは、ジョンソンです。

さすが、似合っています・・・プリンスですわ。

それに引き換え、誠也は・・・・

ズムスタで、大声で声援できる日まで、

その時を願って、みなさんがんばりましょう!

2020年4月14日

行動力

今日に至っても、まだ言っていますよ、

西村経済再生大臣は、8割減と・・・

この人は、ほんまにアホかいな?

そもそも、なんで経済再生大臣が出てくるん?

初めから不思議だったんだけど・・・・

この問題、経済問題かいな?

それとも、政府は感染問題より、経済問題として考えるん?

それならば、補償問題を真剣に実行したら?

そして、そんなに8割減にしたいんなら、

役にたたん、全国の議員を8割カットしんさい!

その金を補助に使いんさい。

しかし、福岡市の高島市長はやりましたね!

休業した市内の中小企業・小規模事業者の家賃の8割を補助、

ライブハウスなどの施設に対しては、50万円を上限に支援、

市内の全医療機関に規模に応じて、40万から600万円を支給、

新型コロナ感染者の入院を受け入れた場合は、1人当たり30万円を給付。

民間保育園や障害児福祉サービス事業者、高齢者・障害者施設にも、

15万から150万円の特別給付金を出す。

財政規模は約100億円。

高島市長は、県の休業要請がより実効性を持つために、

しっかりサポートしていくと述べました。

これぐらいの行動力が無いものかね、政府は・・・

2020年4月13日

来年こそは

200413[1].jpg

桜です。

先々週は、きれいな桜が、

街にあちらこちらと見られました。

今年は、ゆっくりと桜も見れませんでしたね。

桜を見る会の祟りですかね・・・・

今日も、大阪や福岡などの知事が、

独自で市民に御願いする事態が増えています。

国は、あいかわらず・・・です。

感染しても回復すれば、一番の解決で、

感染を阻止するより、回復する方法を探すのが、

この危機の脱出する道かもしれません。

と、なれば思い出すのは、

満屋裕明教授です。

日本が誇るウィルス学者で、

あの、エイズの治療薬を創った人です。

初めは、特許を他の製薬会社にとられ、

その後、第二・第三の治療薬も開発した人です。

満屋さんが、もう一度救ってくれれば・・・・

2020年4月12日

悪魔のような政権

生物学者の池田行彦さんが、言った言葉、

東日本大震災の時に、悪夢のような民主党と、

自民党は鬼の首を取ったように、叫んでいましたが、

悪夢はまだ夢ですから、可愛いもんです。

今は、夢ではなくて現実ですからね。

悪魔のような安倍政権です。

その通り!

僕は、安倍政権に代わった後、

東日本大震災の補償の案が出た時、

安倍さんは、こうはっきり言いました。

それも、薄ら笑いをして。

それは知りません!

あれは、民主党の時代の事です。

私たちの政権が、責任を負う事では無い!と言った。

僕は、安倍さんが最低の大臣だと思ったのは、この時からです。

こんな、心根のない人がトップに立って、

日本という国は、確実に衰退していくんだろうなと思いました。

その勘は、外れる事はありませんでした。

大臣という器では無いのでしょう。

器量も頭も無い。

悪魔のような政権・・・というより、

政権を握っては、いけない人達だったのです。

2020年4月11日

国の権限と知事の権限

このところ、各県知事ががんばっています。

小池さんもだが、特に吉村知事、

こんな国民を、大切に想う人が、

国政にいたら、どれだけ良かっただろうか。

知事と市長のレベルを見れば、

大阪は、群を抜いていると思う。

さすが、橋下さんが選んだだけの人物です。

それに引き換え、国の人、

口が曲がった人は、資金を東京都は持っているんだろうね・・・と、

どこか他人事です。

安倍様は、今日もまだ、出勤が必要な場合でも出勤者を最低7割は減らす・・・・と、

バカの一つ覚え・・・

それであれば、現実的な補償の方法をしっかりと即答してください。

それは、無理か・・・

国としては、

自粛は全て要請なわけで、営業の停止を強制していない。

あくまでもお願いしてるから、営業をやろうと思えばやっていいと、

国の立場としては、強制的に営業を止めていないから補償はしませんと、

こんな、国の方針は聞いたことが無い。

口は出すが、カネは絶対出さない。

それでは、まとまりません。

ここまで、まとまっているのは、

各知事たちが、御願いした結果、

それと、日本人という特有な国民性の結果でしょう。

決して、国が動いたわけではない。

2020年4月10日

不毛

不毛というべきか、無能というべきか、

総理大臣も、あてにはできませんが、

この経済再生担当大臣も、ミスキャストでしたね・・・

愛知・京都・岐阜の追加緊急事態宣言は、認めないそうです。

揃いも揃って・・・・という感じですが、呆れますね・・・

西村大臣さん、点と点が結ばれれば、線になります。

それを、御存じないのでしょうか?

最悪の事態になった場合、

私が責任を取ればいいというわけではありません。

こんなことだけは、きっぱり言う総理大臣は、

日本を滅ぼすだけです。

2020年4月 9日

7~8割減?

西村さんは、8割削減ができていないようなら、

2週間を待つことなく、様々な措置を取らざるを得なくなる、

とのこと。

医療関係、交通関係、金融関係、食品関係、行政関係、流通関係などなど、

その人達には、働けと言っておいて、

8割減は無いだろう・・・・

それは、無理と違いますか?

そもそも、8割減の根拠はどこにあるん?

わからんやつが、大臣するんじゃない!

他の口が曲がった大臣は、日本のこの状態の時に、

お金を国内で配らず、海外に配るアホもおるし、

いったい、日本の政治家はどうなっとるん?

2020年4月 8日

リスク回避

今日、東京の某タクシー会社が、

社員600人を解雇しました。

理由を聞くと、この決断は奇策でした。

売上が日に日に落ち、従業員が低賃金を受け取るより、

このままの売り上げで解雇して、

失業給付を受けた方が、従業員としてはいいと判断したらしい。

そして、コロナ騒ぎが終わって、再雇用するという。

しかしこの方法は、グレーゾーンでもあるが・・・

でも、これで、会社は休業し、不要な負債は免れる。

従業員は、会社都合の退職なので、

失業手当も早く、長くもらえ優遇される。

事態が収まり、需要が戻れば、従業員も必要になるので、

そこで、再雇用する。

3密の車内空間での感染のリスクも、回避することができます。

従業員も急に解雇されたので、この先は不安なのは当然であるが、

しかし、この会社の本意がその通りで、従業員が会社を信じれば、

これは、会社も従業員も生き残る奇策でしょう、

ひとつの解決策でもあると思う。

安倍さんのとろくさい政策より、良いとは思う。

2020年4月 7日

こんな夜に

200407[1].jpg

緊急事態宣言が出された今夜、

スーパームーンです。

今年、一番地球に近い満月です。

とても、きれいです。

と、そんな夜、大変遅すぎる緊急事態宣言、

それも、全く内容が無い宣言、

昨日、明日発表と言いながら、

一日何をしていたのか?

能書きばかり、今まで言ってた事ばかり、

何を言いたいのか、この人さっぱりわからん!

新しい条文が、何ひとつも無いのが、ほんま驚き!!

保証という名の、保証の中身が無い名ばかりの保証・・・

この会見に、意味があったのか?

僕が一番怖いのは、この緊急事態宣言とやらが、

国として、最後の策という事です。

こんな腑抜けの策が、最後なんです・・・

もし、これ以上感染者が出た場合、

この国の憲法では、何もできないことです。

憲法を超えるような、スピード感のあるリーダーが、

この国にいないことが、一番不幸かもしれない。

すべて、国民頼みの保証無しの緊急事態宣言、

そんなもんは、意味が無い!!

2020年4月 6日

コロナとの共存

子供の時に打たれた、BCGワクチン、

先々週から、話題になっています。

BCGワクチン接種の国は、感染拡大があまり無いという事です。

たまたま・・・かもしれませんが、

現在、広範囲にBCGワクチンを接種していない、

イタリア、スペイン、アメリカ、フランス、イギリスの死者は、

すでに中国を上回りました。

1981年に全例接種が廃止されたスペインでは、

コロナウイルス感染症の感染者数が死者数が多いのですが、

隣のポルトガル(BCG実施国)では感染者数が少ないです。

何か、関係があるのかもしれません・・・

明日、緊急事態宣言を出す事になったようですが、

遅かった感はあります。

変な疎開的な行動は自粛し、まず感染者の数を減らす事です。

おそらく、1年以上はコロナと付き合っていかなければいけない。

半分は、共存する気持ちで進んでいかなければいけない。

感染しても、回復すればいいのだから、

これからは、この回復する原因を調べる必要性があります。

感染を減らしながら、回復する方法をみつける。

ある意味の共存です。

しかし緊急事態宣言、なんで明日なんかね?

今日でも、良かったんじゃない?

2020年4月 5日

とまどうペリカン

今日は、東京で143人感染しました。

これが、多いのか少ないのか、判断はできません。

東京の人口の何割にあたるか?

それならば、インフルエンザの感染の方が断然に多いという判断でしょう。

でも、そうじゃなくて、危険なのは増え続けているという現状です。

小池さんも、国を無視して、言いたい事を言えばいいのでは、

緊急事態宣言を出せばいいと思う。

安倍のおっさんは、ぎりぎり持ちこたえている状況と、

まるで、バカのひとつ覚えみたい・・・

でもね、そのぎりぎり持ちこたえることができなくなって、

緊急事態宣言を出しても、その時にはもう遅いという事ぐらいわからないものか?

すでに、東京・大阪からの移動で、地方に蔓延しています。

それが、全国的な蔓延になったら遅い。

全国的な蔓延を防ぐためには、大都市部の蔓延を防がなきゃいけないんです。

特に、東京と大阪と京都、この三都市は怖い。

2週間前の3連休、大阪と兵庫の移動禁止で、

かなり、京都に人が流れています。

いったい、いつになったら具体的に動くんですかね、この政府は!

大阪・東京の知事が出してくれと頼んでいるのに、

もう少しかねーと待ったをかける政府、

はっきり言えば、今の感染者は、検査した人の結果だけですよ、

検査できていない人が、どれだけ感染しているのかもわからないのに、

こんなこともわからないのかと、ほどほど呆れます。

もはや、人災・・・とも言えるかもしれませんよ、安倍さん。

2020年4月 4日

いろいろな危機

東京では、100人超えの感染者がでました。

2週間前の3連休、その頃の感染者です。

その数日前に安倍さんは、少し感染者が横ばいになり、

落ち着き状態になったとコメントした。

その後の3連休、我慢していた人が外へと出て行った。

必要な事は全く言わない人が、いらんことはよく言う。

それが、ピンとはずれの安倍さんなのでしょうが・・・

今や、感染ばかりではなく、

医療崩壊と雇用危機の問題が目の前です。

瀬戸際は、とっくに過ぎています。

それを、判断できない安倍さんは、

今日も、布マスクをつけ答弁を続けます。

アベノリスク大拡大です。

2020年4月 3日

延期

いろいろなスポーツ、演劇が延期、中止となっています。

プロ野球も、延期と決まりました。

開始日は未定です。

このままいけば、7月ぐらいになるのでは・・・

それでも、もしかしたら無理かもしれない。

2020年4月 2日

アベノリスク

安倍さん、マスクを5千万余りある全世帯に、

2枚ずつ配る方針を表明しました。

やってしまいました、わけのわからんことを・・・

そこで、ついたあだ名は、アベノマスク・・・

というより、アベノリスク の方が的確かと・・・

非常事態宣言も、現金給付も、消費税減税も、

何も決断しないこの総理大臣は、

マスクを配ることを、決断しました。

一日遅れの、エイプリールフールか?

今の日本、コロナより脅威なのは、

この安倍さんかもしれない・・・

2020年4月 1日

半月

今夜は、半月です。

斜めから、切り落としたように、

綺麗な半月です。

こんな正確な半月は初めて見ました。

少しばかり、歩道の上で見とれていました。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2020年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年3月です。

次のアーカイブは2020年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。