建築の最近のブログ記事

2020年3月25日

11連敗ということ

今日で、一応練習試合は終わったみたいですが、

結果は、どうなんでしょう・・・

開幕どおりで、練習試合があり5連敗、

そのうち、記憶が正しければ、

リリーフ陣の総崩れで、4敗はしています。

要は、逆転負けです。

オープン戦から数えると、11戦勝ちなしの9連敗。

特に、フランスアは、いらん!!

あの打たれた時の、にやけ顔・・・

照れ隠しのつもりかしらんが、

にやけ顔は、ジャイの菅坊だけで十分じゃ!!

フランスアは、即2軍落ちにすべきです。

ほとんど、高めのボールばかり、

野球は、頭が無いとダメだという、

悪いお手本みたいなものです。

ただ、投げてりゃいいもんじゃない!

反面、スコットはいい!!

当分は、クローザーですかなぁ。

DJとフランスアは、2軍でもダメでしょう。

しかし、忘れとったんじゃが、

アドゥワは、どこいった??

2018年3月10日

オープン戦

20180310-00000105-dal-000-4-view[1].jpg

今日は、今年初のマツダスタジアムでのオープン戦。

スタンドには2万5500人もの鯉党が集まりました。

オープン戦でしょう?というぐらいの入りようです。

しかし、試合はぴりっとしません。

開幕投手候補のノムスケさん、内容は散々です。

僕が、監督なら開幕は無しです。

点を取られた後、すぐ味方が逆転してくれたのに、

次の回には同点にされ、その次には逆転される。

次回は、自分の投げるペースを考えて投げてください。

打線は久々のズムスタで、みんなが打とうというキモチに負けていました。

明日は少しは、ましな試合が見たいものです。

ヤクルト相手にこれでは、御話になりません。

がんばれ、カープ!!

2013年2月25日

アカデミー賞

130225.jpg今年のアカデミー賞が、発表されました。

今年は、本命不在と言われていたように、

これといった作品がありません。

予想どおり、主要部門を複数受賞した作品が無く、

「ライフ・オブ・バイ」が4部門獲得したぐらい、

演技部門では、受賞作が全部バラバラと異例の事態。

例年、監督賞を受賞した映画が、作品賞を受賞する事が多いですが、

「ライフ・オブ・バイ」が監督賞、

作品賞には、「アルゴ」が受賞しました。

「アルゴ」は、他に脚色賞と、編集賞のみとなりました。

これだけ、いろいろな作品が受賞するのは、

僕の記憶では、ありません。

これは、映画界にとっていいことなのか、どうなのか、

これからの作品に期待しましょう。

 

 

 

 

2011年11月26日

F1最終戦

20111123-button[1].jpgいよいよ、明日、今年の最終戦・ブラジルGPです。

寂しいですね、今年も終わるのかと思えば・・・・・

気になる2位争いですが、

現在、2位はバトンで255、3位アロンソ245、

4位ウェバー232、5位のハミルトンは227で、

優勝しても2位には、届かない。

ブラジルで優勝すれば、ポイントは25なので、

可能性はウェバーまでは、みんなありうる。

それぞれのポイントに、どうブラジルのポイントをプラスできるか、

明日は、最終戦を楽しみます。

2011年11月 2日

3で割る

111102.jpgある雑誌に、書いてありました。

「自分の歳を3で割ると、それが人生の時間です」

僕は、51歳なので、3で割ると、17時。

夕暮れ時です。

今、人生の夕暮れ時だということですね。

これを、どんな意味でとるかは、

自分しだいということですかね。

 

 

2011年5月10日

守られた遺産

連休のある日、姫路の書写山にある円教寺に行ってきました。

西の比叡山とも言われ、最近はトム・クルーズ主演の、

ラスト・サムライの撮影に使われたお寺です。

110510.jpg

 

110510-2.jpg

新しく人の手をかけてないで、1000年近く守りとおした建物です。

すばらしい遺産です。

110510-7.jpg

 

110510-3.jpg山という大自然と、その中にたたずむお寺が、

ほどよく調和のとれたかんじで、とても心が落ち着きます。

 

110510-6.jpg

 

110510-5.jpg文化遺産と自然遺産が、うまく調和のとれた、

数少ない場所だと思いました。

2010年11月27日

幸せなひととき

 

101127.jpg単純に、プランを考えているとき、

「幸せなひととき」です。

 

いくら、パソコンが進んでも、

これだけは、紙と鉛筆、

手を動かし、真っ白い紙にむかうとき、

恐くもあり、期待でいっぱいでもあり、

それを超えていく、楽しさがあります。

 

鉛筆を動かしているうちに、

頭の内で、イメージがどんどん生まれてくる。

できること、できないこと、すべていろいろカンガエル。

このとき、生まれてきてよかったと、

こころから、そう想います。

 

2010年11月17日

穏やかな地鎮祭

 

101117.jpg今日は、地鎮祭。

 

この敷地は、少し高台にあり、ここに建つ家は、

自分達で、自分達だけの自然をつくりだし、

外部と内部を、あいまいにした空間の中で、

家族と自然の、距離感をなくし、

静かで、穏やかな生活を楽しむ家です。

 

できあがりは、暖かな春、

今から、楽しみです。

2010年11月13日

とまどう紅葉

 

101113.jpgこの木は、今年の気候を象徴するようです。

下の方はまで緑で、上にいくにしたがって紅葉しています。

残暑が続いて、急に冷たい風が吹きはじめ、

また暑くなり、またまた寒くなる、

木も戸惑いながら、色付きをしているよう、

どっちつかずに、色付いているかんじが、

なぜか、かわいい。

2010年11月 9日

時代に沿うこと

 

1109.jpg数年前に設計した薬局に、お邪魔しました。

なにやら、来年薬事法が変わるらしく、

それで少し改装しなければいけないとか。

 

一度、創った建物でも、いろいろな外的要因によって、

変化を求められる事は、多々ありますね。

住宅も、当然例外では無いです。

子供達が独立したり、

またその子供が、新しい家族をつくり同居したり、

親の介護が理由で、親と同居をしたり、

ひとつの家という箱のなかで、いろいろなドラマが待っています。

そうです、時代に沿うことが大切です。

 

そういうことに、できるだけ対応したような建物を、

建てていかなくてはいけないなぁ、と思った一日でした。

 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち建築カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは空色のコトバです。

次のカテゴリは犬、ペットです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。